hpv(ヒトパピローマウイルス)検査|悪性型ウイルスを自宅で簡単検査

hpvの検査方法って?自覚症状ってあるの?

hpvは20~30代の女性3割が感染しています

性行為を経験した女性が一生に一度以上hpvに感染する率というのは約8割と言われています。子宮頚がんの原因の90%以上がこのhpv(ヒトパピローマウイルス)の悪性型hpv(高リスク型hpv)感染による子宮頚部の異形成から進行して起こることがわかってきました。hpv感染にはほとんど自覚症状が無いのでやはり子宮頚がん予防には定期的な検査が必要です。
感染していなければ2009年の10月に認可されたhpvワクチンが有効になってきます。
検査方法っていったい・・・?
hpv検査の方法は専用の器具を使って膣分泌物、子宮頚部から採取した細胞を使って高リスク型hpvの感染を確かめる検査です。自宅でhpv検査をできるキットの場合も分泌液カルポーターという器具を使いイラストを見ながら誰でも簡単にできるようになっています。また自宅でセルフチェックできるキットにはhpv感染の有無だけで無く同時に他の複数のSTD(性感染症)を調べれるキットもあります。用途に合わせて使ってみると良いでしょう。

hpvは治癒しても再感染のおそれ大!!検査は定期的に行うことで子宮頚がんはほとんど予防できる!

知っていますか?子宮頚がんは唯一予防できるがんだってこと
hpvは感染しても自己の免疫により自然治癒することが多い病気です。
ですが自然治癒しても再発、再感染の確率が高いのもこのウイルスの特徴です。 中でも悪性型hpv(高リスク型hpv)の長期感染が一番危険で子宮頚がんへと進んでしまうことがあります。『一度検査して感染してなかったから安心!!』っというわけにもいかないのです。 子宮頚がんは女性のがんの中でも唯一予防できるがんだと言われています。がん化の前にhpv感染がわかれば治療もできます。その為にも定期的なhpv検査が不可欠なのです。 定期的なhpv検査は子宮頚がん予防に必須

hpv検査を自宅キットと病院で受ける場合の比較

STDチェッカー
  • 特徴

    匿名で検査することができる。
    検体到着後最短3日で結果がわかる
    一度に他の複数のSTD(性感染症)の検査をすることができる。
    もし陽性の結果が出たら提携病院を紹介してくれる。

  • 信頼性

    検査自体は国の認可を受けた『登録衛星検査所』で実地されているので病院と同等の信頼性。検体はご本人が採取することになるので焦らず説明書通りに行えば同等の信頼性になるでしょう

  • プライバシー

    病院に比べればプライバシーは最高に守られているでしょう。お望みであれば匿名での検査も可能でコンビニ受け取り、佐川や郵便局の止めにもでき住所も必要ありません。結果も携帯やネットのセキュリティ専用ページで確認可能

  • 費用

    hpv検査のみで7290円
    他に同時に受けてみたい感染症、STD等があれば豊富な種類から自分に合わせて選ぶことができ値段も安い。

病院
hpv検査 病院
  • 特徴

    医師による診断の為安心感がある。ただし症状が出ていない時での検査が主になるので病院にもよるが健康保険適用外で自費診療になる可能性が高い。 また結果がわかるまで最低2回は通院が必要で日数も1週間とかかることも多い

  • 信頼性

    医師による診断なので信頼性は高い
    普段産婦人科に行かない方の病院選びが難しい。
    病院選びは口コミ等で調べてから慎重に行って下さい。

  • プライバシー

    プライバシーに関しては保たれて無い場合が多いです。エイズ検査等とは違って保健所等で匿名では行えません。産婦人科、皮膚科、性病科での受信になりますが近くの病院だと知り合いに会ってしまう可能性もあります。

  • 費用

    健康保険適用外になることが多いようです。自費診療の場合は病院によって値段は様々ですが診察料(初診料含む)、検査代、薬代と合わせて10000円~20000円かかる病院もあるようです。

hpv検査を自宅で受けるメリットとは?

hpv検査キットはこんな方にも向いている!!

・病院に行く時間が無く自分の好きな時に検査をしたい。
・場所が場所なだけに病院に行って診察台に上がるのは気が引ける。
・病院の先生が男の人だったら嫌だ。
・まずは定期健診のつもりで軽く受けたい。
・家族やパートナー等誰にも知られずに検査をしたい。
・保険証の記録に残したくない。保険証が無い。